メモランダム

好きなもの、気になるもの、良かったもの、メモランダム

麻生太郎さんとマスコミの相性が悪すぎて辛い

スポンサードリンク

「(高齢者は)働くことしか才能がない」とした麻生太郎首相の発言 Tシャツ(アッシュ) M

私は麻生さんが好きです。政治家として国を良くする能力があると思います。だからこそ、失言の多さが残念でなりません。そんな思いを適当に書いていきたいと思います。

未曾有(みぞうゆう)

麻生さんが失言で最も残念だったのは、昔に麻生さんが自民党総裁だった頃に、どこかのスピーチで「みぞうゆう」とか、色んな漢字の読み間違いをしまくったこと。

メディアが何度もそのスピーチの誤読を報道して叩きまくったもんだから、麻生内閣の支持率が急落しちゃったんですよね。

スピーチの原稿を自分で書いてないのが明らかになったのと、漢字が読めないのは確かに残念。そりゃ日本のトップなんだから、それくらいの漢字が読めないっていうのは格好がつかない。

でもそれは政治家としての手腕とは別の問題です。漢字が読めない政治家は無能とは言えないし、漢字が読める政治家は有能とは言えません。

当時の私は、こんなくだらない理由で政権交代するのは頼むからやめてくれと思っていました。麻生さんは政治家としては有能だと私には映っていましたので。

ヒトラーを例え話に持ち出すのは危ない

わが闘争(上)―民族主義的世界観(角川文庫)

麻生さんは例え話で、やたらとヒトラーの話を持ち出すのが好きだ。正直やめて欲しい。

決して麻生さんはヒトラーを支持しているわけではない。ただ、ヒトラーの話は叩かれやすい。それが分からないほど盆暗ではないと思うが、セルフプロデュースが下手すぎる。

マスコミが味方な時代であるなら、きちんと発言のニュアンスに沿った報道をしてくれるでしょう。しかし今はどうみても地上波のマスコミはアンチ与党である。

そんな時につつかれやすい言い回しをすれば、揚げ足をとられて叩かれるのは必然だ。そんな時にヒトラーを例え話に持ち出すのは危ないことだ。

かつて麻生さんは、政治は結果だということを説明するために、「何百万人殺しちゃったヒトラーは、いくら動機が正しくても駄目なんだ」と発言し、案の定バッシングされたことがある。

動機とは行動の原因である。ヒトラーはドイツを愛しており、ドイツを経済的にも民族的にも守りたかった。ただ被害妄想的な反ユダヤ思想によって到底支持されることのない大虐殺を行ったのも事実で、そんな人物を欠片でも支持するようなニュアンスが感じ取れる言い回しをするのは、どう考えても危ない橋である。

決して麻生さんはヒトラーを支持しているわけではないのだから、せめて「いくら動機が正しかったとしても駄目」と言えばまだマシだった。

それでもまだマシというだけで、話の本筋と外れたバッシングを受けるのは避けられないだろうから、やはりヒトラーなんぞ政治家の例え話に出すべき人物ではない。

セクハラを容認していなくても、セクハラ罪発言で叩かれる麻生さん

最近騒がれているのは、「セクハラ罪という罪はない」という発言だ。そして現実的にはセクハラ罪という罪はない。

問題は、麻生さんは別に「セクハラしてもいいじゃないか」というニュアンスでこの発言をしていないということだ。しかしながら、この発言に対して「倫理観の欠如」というバッシングが返ってくるのも当然だ。

事実を言っただけだから大丈夫という話ではない。そんなことを言えば、発言を曲解され、無用なバッシングを受けるのは当然だ。

麻生さんの発言はユーモラスでウィットに富んでいて聞いていて面白いし格好良いと感じることも多いが、こと日本において政治家というのは発言の一言一句をとられて揚げ足をとられて叩かれるのが当たり前なことくらい、政治家である自分自身が一番分かっているはず。

だったら危なそうな発言は避けるべきなのだが、麻生さんは麻生節を崩そうとしない。どう考えても、現代日本のマスコミとの相性が悪すぎる。

安倍首相のマスコミ対策を見習って欲しい

安倍さんはマスコミへの配慮が実によく行き届いた発言をしていると思う。野党が何か特定の返答をさせたいために不自然な質問をしてきたときも、言葉で足下をすくわれないように非常に気を使って発言をしている。

そんな安倍さんの発言に対し、野党は「質問に答えていない」と不満気なことが多いが、マスコミが敵となっている現状を考えれば当然の立ち回りである。

漢字を読み間違えるだけで支持率が下がっていく時代なのだから、麻生さんは少し安倍さんのマスコミ対策を見習って欲しいと思う。

例え道理的には正しい発言だったとしても、解釈の余地や説明の必要がある言い回しは自重して欲しい。

個人的にはそんな麻生節をもっと聞きたいという気持ちもあるが、日本の未来のことを考えるなら、そんなくだらないことで政治が崩壊してもらっては困る。

マスコミさえ中立的だったら…

麻生さんの発言は、その発言を深く掘り下げた時、そう間違ったことを言っているという印象はない。本当に間違っているのは漢字の読み方くらいで、発言の意図が分かれば違和感を感じない。

ただ、そこだけ抜き出されたり発言を曲解されると、非常にバッシングに遭いやすい言い回しをすることが多い。

バッシングをしたいだけなら、これほど叩きやすい人物はいない。せめてもう少し、中立的な報道がなされる社会だったらと思う。

能力があるからこそ、首相を辞しても財務大臣という席に居るはず。無能がトップに居てもらっては困るので、変に支持率を下げるようなことをして欲しくない。

しかし麻生さんとマスコミの相性が悪すぎるので、今後も何かしらの失言をし続けるのは確実だと思われ、非常に辛いことである。